【すぐ読める】ウェブ解析士とは?


ウェブ解析士とは、ウェブ解析士協会によって設けられた認定資格のことで、ウェブ解析協会が主催する講座を受講し、認定試験に合格すれば資格を習得することができます。最近では話題に上ることも多くなってきましたが、どんなものなのかよく分からない、という方も多いと思います。そこで、このページではウェブ解析士とは一体どんな資格なのかを紹介したいと思います。

そもそもウェブ解析って何?

皆さんは「ウェブ解析」という仕事についてどんなイメージを持っていますか?
多くの人のイメージは、「Googleアナリティクスとかを使ってウェブサイトから得られるデータを分析するお仕事」でしょうか。
実はこれだけでは不十分です。ウェブ解析という仕事には、「データから課題を発見して、改善策をクライアントに提案すること」も含まれます。また、ウェブ解析の仕事の領域はウェブサイトだけに限定されません。営業マンの受注率・電話やFAXの件数などのウェブ以外から得られるデータについても分析し、改善を提案することもウェブ解析に含まれるのです。
そして、ウェブ解析士とはこのウェブ解析という仕事についての専門知識を携えたスペシャリストなのです。ビックデータ戦略が叫ばれる今日では、その役割や重要性はますます高まることでしょう。

レベルは初級・上級・マスターの3種類

ウェブ解析士には初級・上級・マスターの3種類が用意されています。
初級では、基本用語の定義やデータ取得の仕組み、アクセス解析の方法などの基礎的な内容が問われます。これからウェブ解析やウェブマーケティングを学ぼう、業界に入りたい、という方に最適なレベルです。
上級では、初級で学んだ内容をベースに、ウェブマーケティング計画書の作成、提案内容の作成などの、よりコンサルティングの領域に踏み込んだ内容が問われます。すでにウェブ業界で仕事をしている方に最適なレベルです。
マスターでは、上級の内容をベースに、ウェブ解析士の育成のためのスキル、より充実したコンサルティングに必要な専門知識・スキルを求められます。ウェブコンサルタントの最前線で活躍している方に最適です。

まずは1度受験してみては?

ウェブ解析士とは何か、どんな仕事に携わっているのかについてイメージは湧きましたか?この記事を読んでウェブ解析士という資格に興味を持って下さったなら幸いです。もし、ウェブ解析士という資格に興味を持って下さったならば、1度受験してみることをお勧めします。特にウェブ業界で働きたい、という方には持っていて絶対に損はない資格だと思うので、まずは初級から受験してみてはいかがでしょうか。

ウェブ解析士は取得したけれど・・・

ウェブ解析士を取得することで、データから課題を発見するノウハウを身に着けることはできます。しかし上級ウェブ解析士であっても、データを分析する作業自体は手動で行わなければいけないので、かなりの工数がとられてしまいます。

そんな問題を解決してくれるツールが、ウェブ解析の人工知能「AIアナリスト」です。

アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」

AIアナリストは、Googleアナリティクスでとったデータを元に自動でわかりやすい改善案を提示してくれる人工知能で、無料で利用登録をすることができます。この人工知能は、確かな実績を残し続けているプロのWebコンサルタント達(いわば、Googleアナリティクスのプロ)の独自の知見をもとに開発されたもので、自らGoogleアナリティクスを使って大変な分析作業をすることなくそのデータを有効に分析し、最大限に活用することができます。

ウェブ解析士を取得した後も、このAIアナリストを使って工数削減していきましょう!