ウェブ解析士の評判は?


実際にウェブ解析士って高い金かけて取る意味あるの?就職できるの?といった疑問を抱く方は多いと思います。時間とお金をかけて資格を取得する以上、それなりのメリットは欲しいですよね。このページでは、ウェブ解析士になることのメリットについて書きたいと思います。

 

知識・スキルが身につく

ウェブ解析士認定講義を受ける過程で、ウェブ解析に関する体系的な知識が身に付きます。内容は初級の「ウェブ解析とは何か」といった初歩的な内容から、上級・マスターで扱う実践的な知識まで幅広いレベルがカバーされています。また、講義は座学ではなく演習形式が中心で、実務でどのように知識を生かすかという意識を持ちながら学ぶことができるので、業務中にも講義で学習した内容が役に立つでしょう。

もちろん知識だけでなく、実際にウェブ解析ツールを用いたレポート作成も学ぶことができます。さらに、上級やマスターの講座では、実際にコンサルティングを行うことを想定したレポートの作成やロールプレイングが行われます。

人脈・活躍の場が手に入る

ウェブ解析士協会や認定講座の講師・主催者は認定講座以外の様々な勉強会を開催しています。ウェブ解析士としてこれらの勉強会に参加すれば、ウェブ解析士同士の人脈を得ることができるでしょう。

他にも、マスターの資格を取れば、自分で初級や上級の試験の認定講座を開講することができます。また、マスターでなくとも、メディアでの記事執筆や初級の講座で使用した公式テキストの寄稿、セミナーの開設などの機会が提供され、ウェブ解析のスペシャリストとしての活躍の場が広がることでしょう。

就職に役立つ・機会が増える

ウェブ業界に就職する際には確実に資格が役に立つでしょう。面接の際に公式テキストや提出課題の内容について話したことが面接官に認められ、採用に至った、というケースが多いようです。

また、近頃では企業側からのウェブ解析士の評判や需要が高まっているようで、ウェブ解析士協会の公式サイトではウェブ解析士の資格を活かした求人情報が紹介されています。こちらも就職の機会を増やすのに確実に役立つでしょう。

 

結局ウェブ解析士は取得したほうがいいの?

ウェブマーケティングという分野で仕事をしたいならば、持っていて損がない、「お買い得」な資格だと思います。デメリットとしては時間がかかる・費用が高い等が挙げられますが、かけた時間とお金を補って余りあるくらいの知識とスキルが身に付きますし、人脈や活躍の場が増えることまで考えたら、かなり良い買い物だと思います。

ウェブ業界で働きたい、この記事を読んでウェブ解析士の資格に興味を持った、そんな方は是非1度受験してみてはいかがでしょうか。