ウェブ解析士の評判は?

実際にウェブ解析士って高い金かけて取る意味あるの?就職できるの?といった疑問を抱く方は多いと思います。時間とお金をかけて資格を取得する以上、それなりのメリットは欲しいですよね。このページでは、ウェブ解析士になることのメリットについて書きたいと思います。

 

知識・スキルが身につく

ウェブ解析士認定講義を受ける過程で、ウェブ解析に関する体系的な知識が身に付きます。内容は初級の「ウェブ解析とは何か」といった初歩的な内容から、上級・マスターで扱う実践的な知識まで幅広いレベルがカバーされています。また、講義は座学ではなく演習形式が中心で、実務でどのように知識を生かすかという意識を持ちながら学ぶことができるので、業務中にも講義で学習した内容が役に立つでしょう。

もちろん知識だけでなく、実際にウェブ解析ツールを用いたレポート作成も学ぶことができます。さらに、上級やマスターの講座では、実際にコンサルティングを行うことを想定したレポートの作成やロールプレイングが行われます。

人脈・活躍の場が手に入る

ウェブ解析士協会や認定講座の講師・主催者は認定講座以外の様々な勉強会を開催しています。ウェブ解析士としてこれらの勉強会に参加すれば、ウェブ解析士同士の人脈を得ることができるでしょう。

他にも、マスターの資格を取れば、自分で初級や上級の試験の認定講座を開講することができます。また、マスターでなくとも、メディアでの記事執筆や初級の講座で使用した公式テキストの寄稿、セミナーの開設などの機会が提供され、ウェブ解析のスペシャリストとしての活躍の場が広がることでしょう。

就職に役立つ・機会が増える

ウェブ業界に就職する際には確実に資格が役に立つでしょう。面接の際に公式テキストや提出課題の内容について話したことが面接官に認められ、採用に至った、というケースが多いようです。

また、近頃では企業側からのウェブ解析士の評判や需要が高まっているようで、ウェブ解析士協会の公式サイトではウェブ解析士の資格を活かした求人情報が紹介されています。こちらも就職の機会を増やすのに確実に役立つでしょう。

 

結局ウェブ解析士は取得したほうがいいの?

ウェブマーケティングという分野で仕事をしたいならば、持っていて損がない、「お買い得」な資格だと思います。デメリットとしては時間がかかる・費用が高い等が挙げられますが、かけた時間とお金を補って余りあるくらいの知識とスキルが身に付きますし、人脈や活躍の場が増えることまで考えたら、かなり良い買い物だと思います。

ウェブ業界で働きたい、この記事を読んでウェブ解析士の資格に興味を持った、そんな方は是非1度受験してみてはいかがでしょうか。

 

ウェブ解析士上級を取得するには【徹底解説】

ウェブ解析士【上級】どんな人が受験するの?

ウェブ解析士上級は、初級で学んだスキルをベースに、ウェブ解析コンサルティングに必要なスキルを会得することが目標とされている資格です。具体的には、次の様なスキルが身に付きます。

・KPI(重要業績評価指標)の設定、ウェブマーケティング計画の設定と立案
・時系列分析のセオリー、ウェブ解析の基準値、業務設定
・分析結果のコメント、アドバイス方法

上の内容を見ると分かる通り、初級と比べて学習する内容がかなり高度になります。当然ですが、受験対象も、初級がウェブ初心者から受験できたのに対して、上級ではウェブコンサルタントやウェブ解析士として独立を目指す人など、高いレベルの人が対象になります。また、上級は初級を取得しなければ、認定講座を受けることができません。(ウェブ解析士初級については、こちらの記事を参照してください。)

ウェブ解析士【上級】どうすれば取得できるの?

1.認定講座を受講する

初級の時とは違い、上級では認定講座の受講が必須です。また、初級の講座が1回で行われたのに対して、上級では2回講義が開催されます。特に2回目の講義は欠席してしまうと、試験を受験することが出来なくなるので、注意が必要です。講義は座学ではなく、講師や他の受講者の意見を聞きながら行うワークショップ形式で行われます。
さらに、講義では1回目の講義前に取り組む事前課題と、1回目と2回目の講義の間に取り組む課題レポートが課されます。事前課題ではマーケティングの基本的な思考方法について学ぶ演習問題を解き、課題レポートではウェブマーケティング計画書の立案を行います。課題レポートの提出は必須で、提出しなかった場合はウェブ解析士上級に合格することができません

2.認定試験を受験する

講義を受講した後に認定試験を受験します。試験時間は初級と同じく60分ですが、初級と違って記述問題が出題されます。また、初級と違って問題数は非公開とされ、テキストの試験への持ち込みが認められています。初級では試験結果を試験終了後にその場で知ることが出来ましたが、試験結果はその場では通知されず、1か月以内に、協会から結果が通知されます。

3.修了レポートの作成

2回目の講義を受講した2週間以内にウェブ解析レポートを、Googleアナリティクスを使って作成し、提出します。このレポートの内容も採点され、合否に反映されます。

ウェブ解析士【上級】取得のメリット・デメリットは?

先にデメリットについて挙げると、資格の取得が大変であることが挙げられます。累積合格率に関しては、初級の時と同様に86.9%と高い数字を示していますが、資格の取得には2回の講義受講・3回分の課題(事前課題・課題レポート・修了レポート)・そして認定試験の合格が必要です。また、1回目と2回目の講義は通常2週間程度の間があり、修了レポートを2回目の講義終了後2週間以内に提出することを考えると、長ければ1か月程度をウェブ解析士上級の取得に捧げなければいけません。かなりの長期戦です。さらに、受験にかかる費用は、講義受講料・試験受験料を合わせて86400円で、金銭的にも結構な負担になります。
ですが、ウェブ解析士上級に合格すれば、それだけのメリットもあります。認定者同士で相談・連絡ができるメーリングリストへの登録、合格者名簿への掲載、ウェブ解析に関する記事の執筆、初級ウェブ解析士公式テキストの改訂への参加機会が提供されます。さらに、上級は初級とは違い、ライセンスカードが発行されます。ライセンスカードを顧客に提示すれば、ウェブ解析士としての身分を明らかにし、信頼を得やすくなります。合格するのが大変な分、メリットも初級と比べて大きいことがウェブ解析士上級の魅力でしょう。

ウェブ解析士初級を取得するには【徹底解説】

そもそもウェブ解析士初級って何?

ウェブ解析士初級は、アクセス解析を軸としたウェブ解析のスキルを身につけ、データを読み取り、正しい判断が出来るスキルを会得することを目標とした資格です。具体的には次の知識が身に付きます。

・ウェブ解析、ウェブマーケティングを行う上で必要な用語
・アクセス解析から得られる情報の認識・分析方法・計算方法
・ウェブ解析による課題の発見方法と改善方法

一見すると難しそうですが、「ウェブ解析とは何か」などの初歩的な内容から取り扱うので、ウェブ初心者でも合格することが可能です。実際、ウェブ業界やコンサルティング業界を経験したことがない方も多数合格していますし、プログラムやHTMLに関する知識も必要ありません。

 

ウェブ解析士【初級】どうすれば取得できるの?

実はウェブ解析士初級を取得するためには、以下の4つのステップが必要です。

1. 公式テキストを購入して学習する

試験を主催するウェブ解析士協会から出版されている公式テキストを購入して、学習します。テキストは公式ホームページ(http://www.web-mining.jp/materials/book/) で購入することができます。

2. 初級ウェブ解析士講座を受講する

テキストの内容を学習したら、認定講座を受講します。講座の長さは5時間程度、内容は公式テキストの予習を前提とした演習が中心です。受講する際は、公式ホームページ(https://www.web-mining.jp/course/beginner/schedule.html)で申し込みができます。なお、初級の場合は講座を受講せずに、いきなり次の認定試験を受験することも可能です。

3. 認定試験を受験する

こちらも公式ホームページ(https://www.web-mining.jp/course/beginner/schedule.html)で申し込みができます。試験はPCを使用して、試験時間60分・4択問題×60問で行われ、問題はテキスト・講座で扱った内容から出題されます。試験結果は、試験終了時に合否・点数が画面に表示されるので、その場で分かります。(マークシートを用いる場合は、試験結果が分かるまで時間がかかります)

4. 認定レポートを作成・提出する

認定試験に合格した後1か月以内に認定レポートを提出しなければ認定が取り消されます。レポートはGoogleアナリティクスを操作して作成します。レポートを提出すればウェブ解析士初級の資格を取得できます。

 

ウェブ解析士【初級】どのくらい難しいの?

ウェブ解析士協会によれば、初級の2015年9月時点の累積合格率は、74.2%です。
合格するのはそれほど難しくはなさそうですね。実際、学習内容は基本用語の定義や、データの取り扱いなどの基本事項が中心になるので、勉強して受からない、ということはないです。実際に、1問例題を解いてみましょう。

(例題)下記の中からアクセスログから分からないものを選びなさい。
(1) 参照元
(2) 訪問時間
(3) 新規訪問者かリピーターか
(4) IPアドレス
正解:(3)

例題の様な「知っていれば誰でもできる」問題が試験では中心になりますので、テキストを丁寧に学習すれば、初心者でも十分に合格できます。ただし、テキストは300ページ程度あり、試験範囲に全て含まれますので、十分な学習時間の確保が必要です。

 

ウェブ解析士【初級】取得するメリット・デメリットは?

メリットは就活の際に役立つ点が挙げられます。当然ですが、ウェブ解析士初級の資格は履歴書に書くことができますし、面接時に公式テキストを持ち込んで内容を説明することで内定につながった体験談がウェブ解析士協会にいくつも届いているようです。
デメリットは、前にも書きましたが学習時間の確保が必要であること、そして受験にかかる費用が地味に高いことが挙げられます。公式テキストに4320円、講座受講に10800円、認定試験の受験に17280円、合計で32400円かかります。ちょっと高めですね…。
ですが、ウェブ業界で働きたい、と思っている方にとっては持っていて損がない「お買い得」な資格です。まだまだマイナーな資格ではありますが、実際に就職の際に役に立ったケースもありますし、体系的にウェブ解析を学習できる良いチャンスと思えば決して損な買い物ではないはずです。受験を迷っている方は、一度受験してみてはいかがでしょうか。

【すぐ読める】ウェブ解析士とは?

ウェブ解析士とは、ウェブ解析士協会によって設けられた認定資格のことで、ウェブ解析協会が主催する講座を受講し、認定試験に合格すれば資格を習得することができます。最近では話題に上ることも多くなってきましたが、どんなものなのかよく分からない、という方も多いと思います。そこで、このページではウェブ解析士とは一体どんな資格なのかを紹介したいと思います。

そもそもウェブ解析って何?

皆さんは「ウェブ解析」という仕事についてどんなイメージを持っていますか?
多くの人のイメージは、「Googleアナリティクスとかを使ってウェブサイトから得られるデータを分析するお仕事」でしょうか。
実はこれだけでは不十分です。ウェブ解析という仕事には、「データから課題を発見して、改善策をクライアントに提案すること」も含まれます。また、ウェブ解析の仕事の領域はウェブサイトだけに限定されません。営業マンの受注率・電話やFAXの件数などのウェブ以外から得られるデータについても分析し、改善を提案することもウェブ解析に含まれるのです。
そして、ウェブ解析士とはこのウェブ解析という仕事についての専門知識を携えたスペシャリストなのです。ビックデータ戦略が叫ばれる今日では、その役割や重要性はますます高まることでしょう。

レベルは初級・上級・マスターの3種類

ウェブ解析士には初級・上級・マスターの3種類が用意されています。
初級では、基本用語の定義やデータ取得の仕組み、アクセス解析の方法などの基礎的な内容が問われます。これからウェブ解析やウェブマーケティングを学ぼう、業界に入りたい、という方に最適なレベルです。
上級では、初級で学んだ内容をベースに、ウェブマーケティング計画書の作成、提案内容の作成などの、よりコンサルティングの領域に踏み込んだ内容が問われます。すでにウェブ業界で仕事をしている方に最適なレベルです。
マスターでは、上級の内容をベースに、ウェブ解析士の育成のためのスキル、より充実したコンサルティングに必要な専門知識・スキルを求められます。ウェブコンサルタントの最前線で活躍している方に最適です。

まずは1度受験してみては?

ウェブ解析士とは何か、どんな仕事に携わっているのかについてイメージは湧きましたか?この記事を読んでウェブ解析士という資格に興味を持って下さったなら幸いです。もし、ウェブ解析士という資格に興味を持って下さったならば、1度受験してみることをお勧めします。特にウェブ業界で働きたい、という方には持っていて絶対に損はない資格だと思うので、まずは初級から受験してみてはいかがでしょうか。

ウェブ解析士は取得したけれど・・・

ウェブ解析士を取得することで、データから課題を発見するノウハウを身に着けることはできます。しかし上級ウェブ解析士であっても、データを分析する作業自体は手動で行わなければいけないので、かなりの工数がとられてしまいます。

そんな問題を解決してくれるツールが、ウェブ解析の人工知能「AIアナリスト」です。

アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」

AIアナリストは、Googleアナリティクスでとったデータを元に自動でわかりやすい改善案を提示してくれる人工知能で、無料で利用登録をすることができます。この人工知能は、確かな実績を残し続けているプロのWebコンサルタント達(いわば、Googleアナリティクスのプロ)の独自の知見をもとに開発されたもので、自らGoogleアナリティクスを使って大変な分析作業をすることなくそのデータを有効に分析し、最大限に活用することができます。

ウェブ解析士を取得した後も、このAIアナリストを使って工数削減していきましょう!